ファッションレンタルの市場規模と今後のファッションレンタル市場に影響すること

ファッションレンタルの市場規模について知りたい人
「ファッションレンタルを利用する人が増えているようです。ファッションレンタルの市場規模はどのくらいなのですか?そして今後のファッションレンタルの市場規模の見通しは?」

aualii編集部進藤慶一aualii編集部・進藤慶一

このようなご質問にお答えします。

この記事を読んで分かること
  • ファッションレンタルの市場規模
  • 今後のファッションレンタルの市場規模に影響すること
読むのに必要な時間:2分程度

ファッションレンタルはカジュアルウエアなどがレンタルできる、サブスクリプションサービスです。

あわせて読みたい
aualii編集部進藤慶一aualii編集部・進藤慶一

ファッションレンタルの市場規模について知りたい方は、是非、この記事をお読みください。

ファッションレンタルの市場規模

ファッションレンタルの市場規模

ファッションレンタルは米国から流行がはじまり、モノを所有しない新しいファッションの楽しみ方が現代にマッチし、ファッションレンタル市場は世界中に広がりを見せています。

ファッションレンタルの市場規模は、2023年には18億5,600万ドルに達し、2017年から2023年にかけて10.6%の年平均成長率で伸長すると予測されています。

ファッションレンタル市場規模の現状と予測

Online Clothing Rental Market Overview:
Online clothing rental market size is estimated to reach $1,856 million by 2023, growing at a CAGR of 10.6% from 2017 to 2023.The rental market works to address clothing needs of the consumers who cannot afford or do not want to spend money on the clothes to be worn for one or two occasions, making it more affordable. Online clothing rental portals offer a wide range of clothes, which can be characterized based on size, color, type of outfits, brands, and prices.

オンライン衣料品レンタル市場の概要:
オンライン衣料品レンタル市場の規模は、2023年までに18億5600万ドルに達すると推定され、2017年から2023年にかけて10.6%のCAGR(年平均成長率)で成長します。衣料品市場は、衣料品にお金をかけたくない、またはお金をかけたくない消費者の衣料品ニーズに対応するために機能します。 1〜2回着用することで、より手頃な価格になります。 オンラインの衣料品レンタルポータルでは、サイズ、色、衣装の種類、ブランド、価格に基づいて特徴づけることができる幅広い衣料品を提供しています。

日本で初めて本格的なファッションレンタルのサービスを展開したのはエアークローゼット です。

エアークローゼットは、2014年に事前会員登録を開始し、2015年2月に本稼働させ、その後も順調に会員数を伸ばしています。

当メディアで主要6社としているファッションレンタルの会員数は合計で63 万人を超えています。

会員数
エアークローゼット 45万人
エディストクローゼット 1.7万人
アールカワイイ 13万人
ブリスタ 非公表
メチャカリ 3万人
サスティナ 1万人

※ブリスタは2024年に3万人を目指すと発表しています

大手のブランド企業がファッションサブスクリプションサービスに進出していることなどから、ファッションレンタルユーザーはさらに広がっていくことが考えられます。

ファッションレンタルをはじめとする「モノ」のサブスクリプションサービス市場においても、市場は拡大傾向となっています。

(株)矢野経済研究所より、サブスクリプションサービス市場規模についての調査結果が2020年3月30日に公表されています。

サブスクリプションサービス市場規模

2024年度のサブスクリプションサービス市場規模予測は1兆2,117億円となっていて、2019年度と比べるとおよそ177%の伸長となります。

今後のファッションレンタルの市場規模に影響すること

今後のファッションレンタルの市場規模に影響すること

今後のファッションレンタルの市場規模を見通すにあたって、「ミレニアル世代の動向」と「情報化社会の発展」を軸に考察します。

ファッションレンタルの市場規模に大きな影響を持つミレニアル世代の動向

今後のファッションレンタルの市場規模に大きな影響を持つのがミレニアル世代の動向です。

ミレニアル世代とは、2000年以降に成人・あるいは社会人になる世代のことで、日本では18~25歳の若年層を指すことが多く、消費のあり方や社会に大きな影響を与える世代とされています。

ミレニアル世代が強く関心を持つことのひとつにシェアリングエコノミーがあげられます。

シェアリングエコノミーとは、モノ・サービス・場所などを多数の人と共有・交換して利用する社会的な仕組みのことで、ファッションレンタルもこのシェアリングエコノミーに分類されます。

ミレニアル世代が最も興味・関心を持つ「モノ」のシェアリングエコノミーがファッションレンタルであるといった調査結果があります。

【モノ】のシェアサービス
ミレニアル世代の利用意向:61%
利用してみたい【モノ】のシェアサービス:「ファッションレンタルサービス」(45%)、「レジャー用品レンタルサービス」(43%)、「家具・家電レンタルサービス」(39%)など

aualii編集部進藤慶一aualii編集部・進藤慶一

ミレニアル世代のファッションレンタルユーザーの増加が、今後のファッションレンタル市場の拡大を大きく後押しすることが考えらえます。

情報化社会の発展がもたらすファッションレンタルの市場規模への影響

情報化社会が発展し、溢れる情報の中から導きたい情報を得ることが困難になるといった現象が顕著になっています。

経済産業省によるインターネット内の情報流通量の2025年推計は2006年比で190%の増加となっていて、今後も益々情報は増え続けていく見通しです。

インターネット内の情報流通量の推計

増え続ける情報の中、検索が困難になることでファッションとの出会いの機会が制限され、ファッションのマンネリ化や悩みにつながることが考えられます。

また、買い物をしていて選ぶのが面倒だと感じている人がおよそ2人に1人いるという調査結果もあります。

買い物をしていて選ぶのが面倒だと感じている割り合い

買い物をしていて「どれにしようか迷う」ことに、消費者が疲れ始めている。仕事は多忙で時間が少ないのに、どこへ行っても商品はあふれ、スマートフォンで情報も過剰に入る。「消費者は多様化しており、品ぞろえは多いほどいい」というのは遠い過去の常識。

ファッションレンタルには、ユーザーの趣味趣向のデータに基づいてプロのスタイリストがコーディネートを監修するサービスを行っているものがあります。

ファッションレンタルでは、ユーザーの“選ぶ”といった面倒な作業を省略しながら“ファッションとの出会い”を広げることが可能となるのです。

aualii編集部進藤慶一aualii編集部・進藤慶一

このことを勘案すると、今後もファッションレンタルのニーズは高まり、ファッションレンタルの市場規模は拡大することが考えられます。